2022年03月7日  Webマーケティング

Webマーケティングのメリット・デメリットとは?その必要性と成功に導くコツ

Webマーケティングのメリット・デメリットとは?その必要性と成功に導くコツ

インターネットが人々の生活に欠かせない現代で、企業が生き残るためにも注力しておきたいWebマーケティング。

しかし、現代においてWebマーケティングがビジネスの主軸とも言えるほど、重要な役割を持っているということは一応理解しているものの、実際には「Webマーケティングにどんな効果があるの?」「従来のマーケティングとの差って何?」と疑問を持つ担当者も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、Webマーケティングが持つメリット・デメリットにはどんなものがあるのか、またWebマーケティングを成功に導くためのコツとは何かなど、初心者の方にでもわかりやすいように解説します。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、「Webを活用して商品やサービスを売るための仕組みを作ること」です。

一般的にインターネットを利用したマーケティング活動全般を“Webマーケティング”と呼びますが、Web広告・SNS運用・SEO対策・メルマガ・オウンドメディアなど、手法は多岐に渡ります。

【Webマーケティングの手法】
・Web広告
・SNS運用
・SEO対策
・メルマガ
・オウンドメディア
・MEO
・ウェビナー …etc

Webマーケティングは、従来のように営業や販売員が直接売り込まなくても、WebサイトやSNSなどで情報発信することで消費者・顧客を集客し、商品購入に繋げていくのが特徴です。

特に近年では、パソコンやスマートフォンの普及に伴ってWeb上で情報収集を行う人が急激に増加したこともあり、企業としてはビジネスチャンスを獲得するためにも必要不可欠な手法だと言えます。

Webマーケティングのメリットとは?

Webマーケティングのメリットとは?

このインターネットが普及した現代において、もはや必要不可欠となっているWebマーケティングですが、Webマーケティングに取り組むメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは代表的な4つのメリットについてまとめます。

メリット①:多くの顧客にリーチできる

Webマーケティングのメリットとして一番に挙げられるのは、多くの顧客に向けて一気にアプローチが可能なことです。

例えば、これまで雑誌や新聞などを利用して情報を発信していたとします。その場合、情報が配信できるのは日本国内に限られてしまいますが、Webマーケティングの手法を活用することで、国内に限らず幅広い地域や多くのターゲット層に情報を届けることが可能になります。

また、これまで顧客との接点が店頭のみだった場合も同様です。

従来の手法では来店した顧客しか知りえなかった情報も、サイトやSNSを通して情報発信することで、幅広い地域の顧客と接点を作ることができるため、これまでにない新たな顧客の獲得を期待することもできます。

国内外を問わず多くの顧客にアプローチすることによって、従来の手法よりもビジネスの可能性を格段に広げることができるのは、Webマーケティングにおける大きなメリットだと言えるでしょう。

メリット②:素早く実行・改善できる

Webマーケティングの最大のメリットともいえるのが、施策の実行・改善がスピーディにできることではないでしょうか。

例えば広告出稿をする場合、雑誌や新聞などであれば、原稿データの作成時間だけでなく、印刷や配送・陳列などの時間が必要です。さらに、印刷業者・配送業者・販売店など、多くの人が間に介入することとなるため、どうしても顧客に届くまでに時間がかかってしまいます。

しかしWebマーケティングを活用する場合は、広告出稿の手続きが全てWeb上で完結するため、紙媒体などよりも格段に早く配信することができます。また施策の変更や改善なども担当者レベルで素早く反映できるため、ビジネスチャンスを逃しにくいというのも魅力の一つです。

メリット③:コストが抑えられる

3つ目のメリットとして挙げられるのが、低コストでマーケティングが始められることです。

例えば、雑誌などに広告を出稿する場合は数十万から数百万円かかっていたものが、Web広告の場合は種類や媒体によって数万円からでも出稿することができます。

またSNSの場合は無料でアカウントが作れることもあり、専門知識やスキルのある人材がそろっていれば自社運用で完結するため、社内の人件費のみで抑えることもできます。

もちろん施策の種類や達成目標によって費用感も異なるため、Webマーケティング施策の全てが低コストで抑えられるとは言い切れませんが、従来のマーケティング手法と比較すると、格段にコストを抑えることができるため、中小企業でも比較的手軽に始めることができるのがメリットだと言えます。

メリット④:細かくターゲットを絞ってリーチ可能

Webマーケティングにおけるメリットの最後は、ターゲットを絞って効果的にアプローチができることです。

ビジネスを展開するにあたり、ターゲットの設定が必要不可欠なのは皆さんもご存じの通りですが、Webマーケティングを活用すれば、データ化されたユーザーの属性や行動・興味関心を分析し、自社のターゲットに合った層に絞って情報を発信することが可能です。

細かくターゲットを絞って情報発信をすることで、ターゲットの心に響きやすい内容を厳選して届けることが可能になるため、より高い効果が期待できます。

Webマーケティングのデメリット

Webマーケティングのデメリット

Webマーケティングには上記以外にも様々なメリットがありますが、反対にデメリットも存在します。
では、一体どのようなデメリットがあるのかをまとめていきます。

デメリット①:知識やスキルが必要

Webマーケティングは、比較的低コストで始めることができるため、Web広告やSNS運用などを自社で行うというパターンも多く見られます。

しかし、費用に見合った効果を出していくためにはWebやSEOの知識とスキルが必要であるため、Webマーケティングの初心者が行なっても思い通りの効果が得られないことも。

また、担当者のネットリテラシーがない場合、企業としてふさわしくない発言で炎上する、情報漏洩で甚大な被害を及ぼす…などの問題が発生する可能性もあるため、注意が必要です。

デメリット②:トレンドの把握とすばやい反映が必要

Webマーケティングにおいてはトレンドの移り変わりが早いため、常に新しい手法や技術、アップデート情報がないかを意識しておく必要があります。

例えば、「今、このアプリが流行っているから」と集中して情報発信を行っていたが、翌年には下火になり、ほとんど効果が出なくなった、公式サイトの検索順位も上位に入っていて安定して集客できていたが、検索サイトのアップデートで順位が下がり、以前のように集客できなくなった…などということも起こり得ます。

そのため、一つの技術や手法で満足してしまわず、積極的に情報収集を行い、素早く自社のビジネスに反映していかなければ、Webのトレンドに乗り切れず、ビジネスチャンスを逃してしまうことにもなります。

デメリット③:地域限定型サービスだと効果が出にくい場合がある

Webマーケティングでは、地域限定型のサービスだと、施策によっては効果が出にくい場合があります。

例えば、特定の狭い地域でしか利用できない商品やサービスを取り扱っている場合、Web広告ならある程度地域を絞って情報発信することで効率的に成果を出すことができますが、幅広く情報発信をするWebサイトやSNSを活用する場合は、地域外のユーザーはその商品やサービスを利用することができないため、見込み客として獲得することができないことも。

特定の地域限定の商品・サービスを提供している場合は、どのような施策が自社に適しているのかを慎重に検討し、不安がある場合は、プロの知見に頼ってみるのも一つの手です。

Webマーケティングを成功に導くコツ

Webマーケティングを成功に導くコツ

Webマーケティングは、比較的低コストで効率的に成果を出すことができますが、中には「なかなか成果が出ない」と悩んでいる企業も少なくありません。

そこで、Webマーケティングを成功に導くにはどうすれば良いのか、成果を出すためのコツをご紹介します。

効果測定をしてPDCAを回す

PDCAとは、「Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)」の略で、行った施策に対して効果を測定し、継続的に改善を行うサイクルのことです。

特にWebマーケティングにおける施策に関しては、閲覧数や滞在時間、クリック率、成約率などの成果が全て数値化できるのが特徴です。

そのため、施策を実行するだけで満足してしまわず、一定期間で効果測定を行い、そのデータに基づいて反省点を見付け、十分に効果が発揮できるまで繰り返し改善していくことが大切です。

成果を急ぎ過ぎない

Webマーケティングは実行・改善が素早くできることもあり、中には成果を急ぎ過ぎてしまう企業も少なくありません。

例えばWeb広告の場合は、短期的な成果が見えやすい施策になりますが、公式サイトやオウンドメディア、SNS運用などの施策の場合は、すぐに目に見える形で効果が出るわけではないため、中長期的なスタンスで計画しておきましょう。

効果が出始めるまでに時間のかかる施策でも、一度効果を出し始めれば頻繁に手を加えなくても自立して集客を始めるため、途中で止めてしまわないようにすることが大切です。

Webマーケティングのプロに相談する

特に中小企業の場合、Webマーケティングに関する専門知識も持った人材が社内にいないことも多く、「とりあえず今いる人材でWebマーケティングを始めたけれど、なかなか成果に繋がらない」という悩みを聞くことがあります。

そういった場合は思い切って、Webマーケティングのプロに相談してみることをおすすめします。

成果が出ないまま無駄な時間と労力を割くより、専門家に依頼してしまった方が結果的にコストを抑えることができるため、予算に合わせて必要なスキルを組み合わせることができるサービスなどを活用してみてはいかがでしょうか?

Webマーケティングで必要なスキルを必要なタイミングで

Webマーケティングのサブスクリプション「マーケティングユニット」

私たちはWebマーケティングにおける課題解決をお手伝いするマーケティングユニットです。

こんな悩みはありませんか?
  • Webで集客したいが、方法がわからない
  • 顧客アプローチを自動化して効率を上げたい
  • 顧客の成約率を上げたい
  • リソースは不足しているが、社員を雇うほどではない
  • 伴走型で支援してほしい

マーケティングユニットは、様々なプロ人材が持つ個のスキルをユニットとして提供する事で、お客様のマーケティングを進化させ、あなたのビジネスを支援します。

【マーケティングユニットの特長】
・必要なスキルを必要なタイミングで提供
・様々なスキルを持ったプロ人材が課題を解決
・MAツール「SATORI」公式パートナー No.1の実績

Webサイト分析と改善企画やマーケティングオートメーションの設定運用、Webサイト構築から写真撮影、ライティング、戦略顧問に至るまで、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

MAの導入支援サービスの資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

最新事例やユニットの説明資料
MAの導入支援サービスの資料ダウンロード

お問い合わせ

サービスに対するご質問や
お見積もり依頼を随時受け付けています

オンライン商談

担当者がサービスの詳細を
オンラインでご説明いたします