2022年04月5日  Webマーケティング

Webマーケティングのスキル5選!その仕事内容・習得方法を解説

Webマーケティングのスキル5選!その仕事内容・習得方法を解説

Webマーケティングのスキルは、インターネットでのビジネスを成功させるために必要なスキルです。

しかしWebマーケティングのスキルには、広告運営スキルや、アクセス解析スキルなど、さまざまなものがあるため、「何から学べばよいのか分からない…」「そもそも自社に適したWebマーケティングはは何だろう?」とお悩みのWeb担当者は多いはず。

もし、Webマーケティングのスキルが習得できれば、自社のファンとなるお客さんを効率的に集客し、低コストでビジネスを拡大していくこともできるでしょう。

この記事では、Webマーケティング未経験の方も知っておきたいWebマーケティングスキルや、その習得方法について詳しく解説します。

Webマーケティングのスキルとは?

そもそも「Webマーケティング」とは、インターネットを利用して、自社の商品やサービスを売る仕組みを作ることで、その手法にはWeb広告・オウンドメディア運営・SNS運用などがあります。

そして「Webマーケティングのスキル」とは、Webマーケティングの活動を優位に進めるために必要なスキルで、例えばWeb広告運営スキルや、アクセス解析のスキルといった多くの種類があります。

Webマーケティングのスキルというと、テクニカルの面が強いと思われがちですが、忘れてはいけないポイントに「顧客志向」があり、顧客が今何を考えているのか、どんなものが欲しいのかといった、顧客側の視点に立った考えでマーケティング活動をすることが大切です。

もしこの顧客志向がすっぽり抜けてしまうと、一人よがりのマーケティング活動となってしまう恐れがあり、自社の商品を必要としていない人に押し売りしたり、企業のイメージを失ってしまったりすることにもなりかねません。

Webマーケティングのスキルがあるとこう変わる!

Webマーケティングのスキルがあるとこう変わる!

では、Webマーケティングのスキルが自社に備わると、どのような効果が生まれるのでしょうか。
下記にその一例を挙げています。

・自社にマッチした顧客が集客できる
・低コストで施策ができる
・スピーディーな対応ができる
・費用対効果が分析しやすい

Webマーケティングの魅力には、低コストで始められる点があります。例えばオフラインで販路を拡大する場合、営業マンを配置したり、チラシを大量に配布したり、イベントを開催したりとさまざまな施策が必要で、費用もかかります

一方で、Webマーケティングの場合は、ユーザーのアクションに対して最適な広告が素早く出せるため、効率的に自社の顧客となる人を集めやすくなります。そして一度仕組みを作ってしまえば、24時間自動で集客することも可能になります。

そういったWebマーケティングを利用し、新規市場の開拓が優位に進められるスキルが備われば、ビジネスの拡大や売上アップに繋がるだけではなく、自社のブランディングにも役立ちます。

Webマーケティングの仕事内容は?一連の流れを理解しよう

Webマーケティングの仕事内容は?一連の流れを理解

Webマーケティングを行う際には、まずWebマーケティングに関する仕事内容をしっかり理解した上で、必要なスキルを習得していくことが大切です。

そこで、Webマーケティングの仕事内容や流れについてまとめます。

①自社サイトへの集客

自社の商品やサービスをPRするために、自社メディアや、集客や問い合わせにつなげるLP(ランディングページ)を作成します。しかし自社サイトをただ作成するだけでは、そこに人は集まらないため、「集客」をしなければいけません。

集客方法としては、Googleなどの検索エンジンに自社の広告を出稿する「Web広告」や、広告を使用せずに記事を検索エンジンの上位に表示させて流入を狙う「SEO(検索エンジン最適化)」などがあるため、施策内容や目的によって使い分けることが大切です。

②自社商品・サービスの提案

自社サイトへ人を呼び込んだら、そこで自社商品やサービスの提案を行います。ここでユーザーが自社サービスや商品に魅力を感じた場合には、資料請求や商品販売などの「CV(コンバージョン)」に結びつきます。

ユーザーの離脱を防ぎ、CVにつなげるためには、目を引くWebデザインや、行動を促すサイト設計、セールスライティングなどのスキルが必要になります。

③データの解析・改善

自社サイトへの集客・提案をしていくのと同時に、アクセスや効果測定などのデータの解析をします。

「アクセスの解析」では、Googleアナリティクスなどを活用し、ユーザーはどこから流入したのか、どこで離脱してしまったのかなど、ユーザーの動きが細かく分析できます。

「効果測定」においては、Web広告を出稿した媒体やキャンペーンごとに、目標標値と実際の数値の比較を行い、どういった点に差異が出たのか分析します。

さまざまなデータの解析を重ねた上で、サイト設計やデザイン変更、文章のリライトなどの改善を行い、CVアップを目指します。

Webマーケティングで必要なスキル5選

Webマーケティングで必要なスキル

ここでは、Webマーケティングを行う上で、習得しておきたい「Webマーケティングのスキル」を5つ厳選してご紹介します。

オフィスソフトに関するスキル

Webマーケティングは会社を上げて行うものであるため、Web担当者は施策した内容を分析した上で、社内で共有する必要があります。例えば、アクセス数の変化をグラフに表したり、今後の施策などを資料にまとめたりする作業が発生します。
そのため、適切な資料がサッと作成できるように、Excelやパワーポイントをマスターしておくことが大切です。

その他には、Googleドキュメントやスプレッドシートなど、インターネット上で共同編集ができる、クラウド型のオフィスソフトも活用できるとよいでしょう。

情報収集・検索のスキル

社会情勢の変化によって、日々さまざまなトレンドが生まれています。そのため、日頃からアンテナを広げ、どんな流行があるのか、どんな商品が人気なのかといった「情報収集をするスキル」が求められます。

しかし、情報収集と言っても、全ての情報を取り入れることは不可能であるため、必要な情報を取捨選択しなければいけません。

そして企業側の視点で情報収集を行うだけではなく、一消費者として、気になることをとことん調べてみる「検索するスキル」も高めていくこともポイントです。

Web構築・解析に関するスキル

Webマーケティングでは、基本的に自社メディアやLPを作りますが、そこでWebサイトの構築や解析に関するスキルがあると、外注先や社内での協同作業がスムーズになります。

なお、「Webサイト構築スキル」には、HTML・CSSといったプログラミング知識や・WordPresでページを作成する知識が大切で、「Webの解析スキル」には、Googleアナリティクスや、サーチコンソールに関する知識があるとよいでしょう。

ライティングスキル

ライティングスキルは、自社の商品やサービスをユーザーにしっかりと伝えるために、必要なスキルです。

そもそもWeb媒体は紙媒体と違い、知りたい情報がサッと得られる手軽さがある一方で、流し読みをされる傾向にあります。そのため、何となく文章を書いているのでは、思った成果は得られないでしょう、

ライティングスキルには、スマホやパソコンからのアクセスに適した「Webライティング」、実際に文章を読んだ人を動かして成果につなげる「セールスライティング」がありますが、どのような場合においても、誰が見てもすぐに理解できるように専門用語は極力避けて説明するライティング能力も重要となってきます。

Web広告運用のスキル

Webの集客において、Web広告は有効な手段の一つです。Web広告が出稿できるプラットホームには、Google・Yahoo・ Instagram・LINEなどがあります。

そしてWeb広告の種類には、Googleなどの検索窓に、特定のキーワードで入力した際に画面上に表示されるテキスト形式の「リスティング広告」、Webサイトやアプリ上の広告枠に、テキストや画像を表示させる「ディスプレイ広告」があります。

以前はテキストや画像のWeb広告が主流でしたが、現在は1つの広告に対して、複数の動画や画像を横並びに表示させる「カルーセル広告」を実施する企業も増えています。

Web広告運用のスキルを高めるには、それぞれの広告の知識を深め、自社に合った運用で実践し、その結果を活かしていくことが大切です。

Webマーケティングのスキルを習得するには?

Webマーケティングのスキルを習得するには?

Webマーケティングを行う上で必要なスキルを紹介しましたが、どうやって身に付ければよいのでしょうか。ここでは、Webマーケティングのスキルを習得する方法についてご紹介します。

Webマーケティング関連の書籍を読む

Webマーケティングについての書籍を読み、基礎知識を習得する方法です。書店にいくと、SNSに特化したもの、リスティング広告に特化したものなどさまざまなWebマーケティングの書籍が販売されています。

一つ注意点としては、書籍の内容全てをそのまま採用するのでなく、基本知識として体系的に学ぶとよいでしょう。というのも、Web業界は移り変わりが激しいため、書籍に掲載されている手法では、現在通用しないものもあるからです。

身近なものをマーケティング思考で考える

テレビCMやWEBなどでは、緻密なマーケティングをもとにさまざまな仕掛けがされています。

例えば、テレビショッピングでの羽毛布団の販売や、脱毛サロンの通い放題など、多くの人の注目を集めるものには、どんな意図があるのか考えてみます。そこで集客方法や、宣伝方法などを分析し、自社に活かせることがないか考え、マーケティング思考を養っていくとよいでしょう。

Webマーケティングのプロに相談する

一からWebマーケティングのスキルを習得するのは、時間がかかり、成果を出すのは難しい面もあります。遠回りせずに、成果につなげるためには、Webマーケティングのプロに相談してみることが成功への近道です。

成果が出ないまま無駄な時間と労力を割くより、専門家に相談、または依頼してしまった方が結果的にコストが抑えられることもあります。

Webマーケティングで必要なスキルを必要なタイミングで

Webマーケティングのサブスクリプション「マーケティングユニット」

私たちはWebマーケティングにおける課題解決をお手伝いするマーケティングユニットです。

こんな悩みはありませんか?
  • Webで集客したいが、方法がわからない
  • 顧客アプローチを自動化して効率を上げたい
  • 顧客の成約率を上げたい
  • リソースは不足しているが、社員を雇うほどではない
  • 伴走型で支援してほしい

マーケティングユニットは、様々なプロ人材が持つ個のスキルをユニットとして提供する事で、お客様のマーケティングを進化させ、あなたのビジネスを支援します。

【マーケティングユニットの特長】
・必要なスキルを必要なタイミングで提供
・様々なスキルを持ったプロ人材が課題を解決
・MAツール「SATORI」公式パートナー No.1の実績

Webサイト分析と改善企画やマーケティングオートメーションの設定運用、Webサイト構築から写真撮影、ライティング、戦略顧問に至るまで、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

MAの導入支援サービスの資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

最新事例やユニットの説明資料
MAの導入支援サービスの資料ダウンロード

お問い合わせ

サービスに対するご質問や
お見積もり依頼を随時受け付けています

オンライン商談

担当者がサービスの詳細を
オンラインでご説明いたします