2022年08月25日  コラムWebマーケティング

Web集客の方法には何がある?その種類と特徴、成果を上げるコツとは?

Web集客の方法には何がある?その種類と特徴、成果を上げるコツとは?

近年、効率的に集客を増やすために欠かせないのが、Webを活用した集客方法です。
しかし、Web集客と言っても、ホームページやSNSぐらいしか思いつかない…という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、Webでの集客方法にはどんな種類があるのか、またWeb集客を行う際に注意しておきたいポイントとは何かについてまとめていきます。

Web集客って何?その利点と特徴

Web集客とは、インターネットを活用して顧客を呼び込む集客方法で、時間や場所を選ばずに自社製品・サービスのアプローチできるのが最大の特徴です。

Web上での集客の利点は多くありますが、特にオフラインでの集客方法よりも格段に少ない予算で、思い立った時に始められるという点は、中小企業でも気軽に取り入れられるポイントとなっています。

また、オンライン上での施策は効果を数値化して出すことができるため、施策ごとの結果をあらかじめ予測することができ、データを分析・検証して改善を加えれば、より効果的な施策にすることも可能です。

さらに、自社の製品・サービスに合わせてターゲットを細かく絞ることで狙った層に集中的に訴求することができるため、低コストでも高い効果が期待できます。

これらの利点から、このインターネット環境が発達した現代においては、Web集客は欠かせない施策の一つであり、その重要性も高まっています。

Web集客の方法①:SEO対策

Web集客の方法①:SEO対策

SEO(Search Engine Optimization)とは、“検索エンジン最適化”を意味する言葉で、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンで調べた時に、自社のWebサイトを上位表示させて流入を増やすという集客方法の一つです。

例えば、「会食に使えるいい和食のお店ないかなぁ…」と考えていたとします。そのような場合には、Googleなどの検索エンジンに「○○(地域名) 和食」などのキーワードを入力して、検索結果に表示されたサイトを上から気になるサイトをチェックしていくことはありませんか?

そんなユーザーの検索行動に備えて、あらかじめSEO対策を行い、狙ったキーワードの上位に表示させておくことで、自社のWebサイトへの流入が増え、自然と購入意欲の高いユーザーを集客することができるようになります。

SEO対策を行う対象としては、コーポレートサイトの他にも、関連する豆知識やコラムなどのコンテンツを掲載するオウンドメディアなどがあるため、ターゲット層や目的に合わせて戦略を立てることが大切です。

オウンドメディアの目的とは?運営を成功させるために目的を明確に持とう
オウンドメディアの目的とは?運営を成功させるために目的を明確に持とう

https://www.marketing-unit.jp/column/2827/オウンドメディアは記事を定期的にアップし、良質なコンテンツを顧客に提供するものです。その目的を理解していれば、企業の認知やブランディングに役立つオウンドメディアが運営できます。今回はオウンドメディアの目的について解説します。

Web集客の方法②:Web広告の配信

代表的なWebでの集客方法の一つにWeb広告があります。
一口にWeb広告と言っても、その手法は様々であるため、一つずつ特徴をまとめていきます。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードと連動して表示されるテキスト広告です。「検索連動型広告」や「有料検索」とも呼ばれており、検索結果の上部などに“広告”や“Ad”と言った表示が付いているものを指します。

掲載するにはコストがかかりますが、最低出稿金額が決まっていないため、低予算・短期間でも始めることができること、また、ユーザーが能動的に検索したキーワードの検索結果に表示されるため、購入意欲の高い層へのアプローチができることなどが特徴として挙げられます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、様々なWebサイトやアプリなどの広告枠に表示されるものを指します。

「バナー広告」とも呼ばれ、画像以外にもテキストや動画を使うこともできるため、リスティング広告よりも幅広い潜在層に訴求することができます。

特に、画像や動画を使うことで視覚的な訴求が可能であるため、まだ認知度の低い製品・サービスでも、ユーザーに「あ、こんな商品があったんだ!」と認知を促進させる効果が期待できます。

SNS広告

SNS広告とは、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSのプラットフォームに配信する広告のことです。

SNS広告は、ユーザーのアカウント登録時の情報や利用傾向をもとにして細かくターゲティングできるほか、ユーザーが普段からチェックしているタイムライン上に広告を表示させるため他の広告よりも違和感がなく、自然とユーザーにアプローチできるという特徴があります。

記事広告

記事広告とは、「タイアップ広告」とも呼ばれ、宣伝したい内容を他社のメディアに記事として出稿する広告を指します。

ユーザーにとっては掲載先のメディアのコンテンツの一つとして見えるため、商品やサービスの信頼度が上がり、ブランディングに繋がるという特徴があります。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、ユーザーが広告リンクをクリックして、そこから商品の購入や会員の登録をするなどの成果が発生した時に報酬を支払うという成果報酬型の広告を指します。

一般的に企業が運営するポイントサイトや比較サイト、また個人のアフィリエイターが運営するブログなどに商品の情報を掲載してもらうのですが、掲載しただけでは報酬が発生しないため、条件さえ合えばWeb広告の中でも費用対効果としては優れています。

Web集客の方法③:SNSの運用

Web集客の方法③:SNSの運用

Webにおける集客方法の中でも、比較的気軽に始めることができるのがSNSの運用です。

【代表的なSNSの例】 ・Twitter
・Instagram
・Facebook
・LINE
・YouTube
・Tik Tok       …など

企業やブランドごとに公式アカウントを開設して新製品の情報を発信したり、オウンドメディアや商品購入ページのURLへ誘導したりするだけでなく、SNSの拡散力を活用したキャンペーンを実施したりと、SNSを上手く活用すればWeb集客において抜群の効果を発揮します。

一般的なSNSはアカウント開設も無料ででき、投稿も自社で行うなら人件費以外のコストはかかりませんが、多くの企業でブランディングや集客方法の一つとして採用されているため、競合の投稿に埋もれてしまわないよう、あらかじめ投稿の内容やタイミング、ハッシュタグなどを戦略立てて計画しておいた方が良いでしょう。

Web集客の方法④:メルマガ配信

一度サービスや商品の問い合わせや購入をしてくれた顧客、また取引先などにメールを使って情報を配信するメルマガも、Web集客の方法の一つです。

広告などと比較すると、より詳細な内容をベストなタイミングで届けることができること、またメルマガ登録者は基本的に何かしらの手段で自らアクションを起こした顧客であるため、商品の購入に繋げやすいだけでなく、定期的に役立つ情報を届けることでブランディングの効果もあります。

ただ配信頻度が高すぎたり、読者が読みたいと思える内容でなかったりした場合、すぐに購読を解除されてしまうため、「読者にとって有益な情報かどうか」を意識しながら計画的に配信する必要があります。

Web集客の方法⑤:MAツールの活用

MA(マーケティングオートメーション)ツールとは、マーケティング活動を自動化するための仕組みで、主に、新規顧客の獲得や見込み顧客の育成を効率的に行うことができるツールです。

新規顧客を獲得するためには、それぞれの興味・関心に合わせて、最適な情報をタイミングよく提供しなければいけませんが、MAツールの見込み顧客の管理機能や、先ほどお伝えしたメルマガ配信機能などを活用することで、特に営業業務の効率化を行うのに有用です。

マーケティングオートメーション「SATORI」

https://www.marketing-unit.jp/marketing-automation/SATORI 導入支援見込客を見つけて、育てて、絞り込む マーケティングオートメーション「SATORI」は、国産MAツール認知度NO,1のクラウドツールです。海外では当たり前になりつつあるWebマーケティングですが、 そ […]

Web集客の方法⑥:Googleビジネスプロフィールの活用

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)は、無料で始めることができるGoogleのサービスで、地域名や業種などで検索された際に、Googleの検索結果にマップで表示されるものです。

主に特定の地域が商圏となる飲食店や美容室・整骨院など、店舗のあるローカルビジネスと相性が良く、店舗情報を登録しておくことで、Googleマップ経由で新規顧客を集客することができます。

単なる検索結果ではなく、地図上に表示されるため店舗まで誘導しやすいこと、また単なる検索結果とは違って画像付きで表示されることなどメリットが多いため、未登録の場合は、住所や店舗名だけでなく、営業時間や取り扱いサービス・商品などの詳細な情報を記載し、定期的にキャンペーンやセールなどの情報を更新しておくと良いでしょう。

Web集客の方法⑦:ポータルサイトへの掲載

ポータルサイトとは、ジャンルごとの情報が集約されているサイトのことで、例えば美容室なら「ホットペッパービューティー」、飲食店なら「食べログ」や「ぐるなび」と言ったようなサイトを指します。

特定のジャンルの情報が集約されていることで、ユーザーが比較検討しやすくなっているため、まだ認知度が低い新規店舗やネット予約を中心にしている店舗などに最適です。

ただ、掲載料がかかること、またユーザーの目に付きやすい上位に表示されるようにするにはさらに費用が掛かることがあるため、費用対効果を考えつつ検討する必要があります。

Web集客を行うときに気を付けるポイントとは?

Web集客を行うときに気を付けるポイント

ここで、Webでの集客方法を活用する際に、気を付けておくべきポイントを下記にまとめます。

Webで集客する目的を明確化する

Web集客を行う際には、何を目的に集客するのかを明確にしておきましょう。

例えば、

・サイトのアクセス増加
・資料請求・問合せ
・商品購入
・企業のイメージアップ

…など、何を目的にWebを活用して集客を行うのかを明確にし、具体的な成果地点を設定しておくことで、効果測定が行ないやすくなります。

ターゲット・ペルソナを設定する

Web集客に限らず、商品やサービスを購入してもらうには、ターゲット層やペルソナの設定が欠かせません。

【ターゲット】 ターゲット層とは、年齢や性別、地域などの属性で絞り込んだグループを指します。
【ペルソナ】 ペルソナとは、自社の商品やサービスの対象となる典型的なユーザー像のことで、あたかも実在するような一人の具体的な人物像を設定したものです。

ターゲットやペルソナを設定することで、「その人に商品やサービスを届けるにはどんなアプローチ方法があるか」「その人が興味を持つのはどんな内容か」などと具体的に検討することができます。

特に、Web広告を配信する場合は細かくターゲットを絞って配信しなければ莫大な費用が掛かることになりますし、コラムなどのオウンドメディアやメルマガなどの集客方法を活用する場合は、「どんな人に役立つ内容か」を踏まえた上で作成しなければ、誰にも共感されないぼんやりした内容になってしまいます。

そのため、Web集客において効率的に成果を出すなら、ターゲットやペルソナの設定から始めることが大切です。

集客後のシナリオを構築しておく

例えば、Web集客において商品購入や問い合わせ件数の増加を目的としている場合、自社サイトへの集客が成功してからが勝負です。

Web広告やSNS、SEOを活用したオウンドメディアなどは、あくまでも見込み客を集めるための方法です。

Webでの集客方法を活用して商品やサービスの売上増加を狙うなら、自社サイトに集まってきた見込み客をどう商品購入や資料請求まで導くのか、さらにその後にリピーターになってもらうにはどうしたらいいかなど、集客した人をどう成約に繋げるかというシナリオをあらかじめ検討しておきましょう。

効果測定と分析・改善を繰り返す(PDCA)

Web集客は、結果が数値化して取得できるため、必ず効果を測定して分析・改善を行いましょう。

例えば、一般的に多くの企業で使われているGoogle Analyticsでは、ページごとの閲覧数だけでなく、ユーザーがどこを経由して自社サイトに訪れたのか、それぞれのページにどれぐらい滞在したのか、次に閲覧したページは何か…など、細かな情報を知ることができます。

Web集客を成功させるためには、Web上にサイトやメディアを公開して終わり…ではなく、その情報をもとに、施策が成果に繋がっているか、ターゲットにとって適切な内容か、サイトの作りが意図した通りの動線になっているかなどを分析し、より成果が出るように改善を繰り返していくことが大切です。

専門知識のあるプロに相談する

Web集客には様々な方法がありますが、確実に成果を上げるためには、時間も知識も必要です。

特にWeb広告やSEO対策などは、専門的な知識だけでなく経験やノウハウがなければ、成果に繋げることが難しいため、施策を手助けしてくれるWebマーケティングの専門家に相談するのも一つの方法です。もちろん費用は掛かりますが、自社で成果が上がらないまま続けているより、格段に費用対効果を上げることもできます。

Webマーケティングが欠かせない今だからこそ、自社に合った具体的な集客方法を提案してくれるパートナーとして、一度検討してみてはいかがでしょうか?

Web集客に必要なスキルを必要なタイミングで

Webマーケティングのサブスクリプション「マーケティングユニット」

私たちはWebマーケティングにおける課題解決をお手伝いするマーケティングユニットです。

こんな悩みはありませんか?
  • Webで集客したいが、方法がわからない
  • 顧客アプローチを自動化して効率を上げたい
  • 顧客の成約率を上げたい
  • リソースは不足しているが、社員を雇うほどではない
  • 伴走型で支援してほしい

マーケティングユニットは、様々なプロ人材が持つ個のスキルをユニットとして提供する事で、お客様のマーケティングを進化させ、あなたのビジネスを支援します。

【マーケティングユニットの特長】
・必要なスキルを必要なタイミングで提供
・様々なスキルを持ったプロ人材が課題を解決
・MAツール「SATORI」公式パートナー No.1の実績

Webサイト分析と改善企画やマーケティングオートメーションの設定運用、Webサイト構築から写真撮影、ライティング、戦略顧問に至るまで、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

MAの導入支援サービスの資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

最新事例やユニットの説明資料
MAの導入支援サービスの資料ダウンロード

お問い合わせ

サービスに対するご質問や
お見積もり依頼を随時受け付けています

オンライン商談

担当者がサービスの詳細を
オンラインでご説明いたします