2022年11月11日  コラムホームページ集客

ホームページの集客に効果的なコツ8選!集客方法の選び方も解説

ホームページの集客に効果的なコツ8選

ホームページへの集客がうまくいけば、安定した利益に繋がるだけでなく、企業の信頼アップにも繋がります。

しかし、集客にはさまざまな方法があり、それぞれに多くのコツが必要です。そのため思うような成果が出ず、ホームページでの集客を諦める企業も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ホームページへの集客率をあげるコツや、おすすめの集客方法と選び方などを紹介します。

ホームページが集客に強い理由

ホームページが集客に強い理由

まずは、なぜホームページが集客に向いているのかを説明します。

ユーザーから訪問してくれるから

ホームページがあれば、わざわざこちらから営業電話やセールスを行わなくても、ユーザーの方から足を運んでくれます。

というのも、人はインターネットで何かを検索するとき、たいてい何かしらの悩みや目的を持っていますよね。そのため、ホームページは「見込みのあるユーザー」にだけアプローチすることができるのです。

ただし、このメリットを感じるには、自社ページがユーザーの目に付くよう表示される必要があります。

低予算で大きな効果が見込めるから

集客の方法によっては、予算を最低限に抑えながら長期的な集客ができることもあります。

ネット上で自社ホームページがユーザーの目に留まりやすい状況さえ作れば、24時間ずっと自動で営業をしてくれていることになるからです。

そのため、ホームページの集客に力を入れるだけで、利益が2倍3倍にもなる企業も多く見られます。

ホームページで集客を成功させるコツ8選

ホームページ集客のコツ

ホームページは集客に向いていますが、公開しているだけではユーザーの目には留まりません。

ここでは、ホームページをユーザーに見つけてもらい、集客に繋がる8つのコツを紹介します。

  1. 顧客の種類を知る
  2. ホームページのターゲットを明確にする
  3. ホームページのゴールを設定する
  4. 自社の強みを明確にする
  5. 競合他社と差別化できるかを確認する
  6. ターゲットを第一に考えたコンテンツを作る
  7. 効果測定と改善を繰り返す
  8. 最新の情報を更新する

それでは1つずつ確認していきましょう。

集客のコツ①顧客の種類を知る

まずは、集客に必要な「顧客の種類」について知りましょう。

顧客の種類は、商品やサービスへの関心度や知識量、悩みの深さがどれくらいのレベルなのかで分類されます。効率よく集客するためには、それぞれの特徴を把握して、顧客に合った集客方法を選ぶことが大切です。

種類 特徴
潜在顧客 悩みはあるが、具体的なニーズへの自覚がないユーザー層。何かしらのきっかけを与えることで自分のニーズを認識させ、自社の商品やサービスを知ってもらう必要がある。
顕在顧客 自分のニーズを自覚しているユーザー層。自社の商品やサービスのことは知らないが、自分の悩みの解決策はリサーチ済みなことが多い。そのため、ユーザーのニーズに自社が応えられることを認識させ、自社の商品やサービスを選択肢にいれてもらう必要がある。
見込み顧客 自社の商品やサービスに興味があるユーザー層。他社商品との差別化や自社にしかない魅力を訴求することで、新規顧客に繋げる必要がある。
新規顧客 自社の商品やサービスを新規で購入・利用したユーザー層。次回から使えるクーポンの配布やシークレットセールなどを実施して、再購入に繋げる必要がある。
リピーター 自社の商品やサービスを継続して購入・利用してくれるユーザー層。優良顧客とも呼ぶ。売り上げの安定にも繋がるため、自社との信頼関係を築き、サービスの利用を継続してもらう必要がある。

集客のコツ②ホームページのターゲットを明確にする

ホームページで集客をするためには、必ずターゲットを明確にしてください。

これはホームページに限らず、新しく何かを始める際によく使われるマーケティングの手法です。「どんな人に見て欲しいか」が曖昧なホームページは、訪問されてもすぐに離脱されてしまいます。その場合、集客効果は見込めず、ホームページ作成に費やしたリソースが無駄になるでしょう。

ターゲットを明確に設定してユーザーのニーズが把握できれば、ページに掲載する内容も絞られるため、ホームページの方向性も決めやすくなります。

ターゲットを設定する際は、性別や年齢層、消費動向など細かく設定することもコツの一つです。

集客のコツ③ホームページのゴールを設定する

ホームページを作成する目的やゴールを明確にしましょう。

資料請求を増やしたいのか、商品やサービスの購入に繋げたいのか、人材募集をしたいのか…など、ゴールによってホームページの方向性が変わります。

また、せっかくターゲットを細かく設定したのに目的が決まっていないページは、ユーザーもどうアクションを起こせばいいか分からず離脱の原因になるため、ゴールの設定は必ず行なってください。

集客のコツ④自社の強みを明確にする

売りたい商品やサービスなど、自社にしかない訴求ポイントを明確にしましょう。

強みが曖昧であったり、ユーザーが求めるものとズレていると成果に繋がりません。商材の訴求ポイントとターゲットのニーズが一致しているか分からない場合は、すでに顧客となっているユーザーにアンケートを取るなどして、ヒントを得るといいでしょう。

集客のコツ⑤競合他社と差別化できるかを確認する

競合サイトの割合や発信しているコンテンツ内容など、市場の把握も欠かせません。

他社との差別化をどう図るか、自社が参入できる余地はあるのかを検討します。そうすることで、ユーザーに対しても自社にしかない魅力を知ってもらうことができ、結果として集客に繋がりやすくなるのです。

集客のコツ⑥ターゲットを第一に考えたコンテンツを作る

ユーザーファーストを意識したコンテンツを作って、サイト訪問者の満足度を高めましょう。

具体的には、ターゲットが求める情報を網羅し、サイトの操作性も考慮したコンテンツを作ることがポイントです。どれだけ自社のアピールを盛り込んでも、ユーザーが求めている内容でなければ意味がありません。

また、使い勝手の悪いサイトの場合も離脱の原因になります。

そうならないためにも、ユーザーのニーズを満たす情報と、見やすい導線にすることを意識してください。そうすればページをしっかり読んでもらえるようになるでしょう。

集客のコツ⑦効果測定と改善を繰り返す

ホームページ公開後は、必ず効果測定とサイトの改善を行うようにします。その理由は、今の内容でユーザーが満足しているのか、結果が出ない要因は何かなどを的確に知るためです。

効果測定にはGoogleアナリティクスなどの解析ツールを利用しましょう。

効果測定をして改善点を洗い出せば、より良いコンテンツを作ることができ、結果として集客にも繋がりやすくなります。

集客のコツ⑧最新の情報を更新する

ホームページのコンテンツは常に最新の情報を載せるようにしましょう。

更新が止まったままのページは、訪れたユーザーの満足度を下げる原因になりかねません。

満足度が下がるということは、離脱に繋がるだけでなく、今後ページを訪問しなくなる可能性も出てくるため、更新は定期的に行なってください。

ホームページと相性の良い集客方法

相性の良い集客方法

ホームページで集客する場合、単にページを作るだけでは効果は見込めません。

そこで、ホームページと連携することで集客効果が上がる方法を3つ紹介します。

  • コンテンツマーケティング
  • Web広告
  • リアルな施策

そして、それぞれの集客方法の特徴とあわせて運用のコツもお伝えします。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ホームページやSNSなどのインターネット上で、ターゲットに有益な情報を提供し、利益に繋げるマーケティングの手法です。

潜在顧客や顕在顧客へのアプローチが得意で、自社の商品やサービスを幅広い層に認識させることができます。

また、発信する情報がユーザーにとって有益であればあるほど、コンテンツ自体の評価も高くなり、継続した集客効果が期待できます。

【コンテンツマーケティングの一例】

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • MEO(マップエンジン最適化)
  • SNS運用(Instagram、Twitter、TikTok、YouTube)
  • アフィリエイト
  • メール配信
  • YouTubeチャンネル

コンテンツマーケティングでホームページ集客するときのコツ

潜在顧客と顕在顧客へのアプローチに向いているため、ターゲットが求める情報に特化したコンテンツを作ることで集客効果が高まります。

コンテンツを作る際は、ターゲットが検索するであろうキーワードを3つほど決め、テキスト内に複数入れるようにします。そうすると、検索時のキーワードに引っかかりやすくなり、ターゲットに自社ページを見つけてもらいやすくなるのです。

Web広告

Web広告とは、インターネット上に掲載する広告全般を指し、テキストや画像、バナーなど様々な形式で表示されます。配信するターゲットが細かく設定できるため、成果に繋がりやすいのが特徴です。

ターゲットの絞り込みでは、年齢や地域だけでなく、過去に自社ホームページを訪問した人に絞って配信することもできます。

また、広告費をかける分、短い期間でも効果が現れやすいというメリットもあります。

【Web広告の一例】

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • リターゲティング広告
  • SNS広告(Instagram、Twitter、TikTokなど)
  • 動画広告(YouTube広告)

Web広告でホームページ集客するときのコツ

ターゲットを細かく絞って配信ができるWeb広告では、ユーザーが一番利用するWeb媒体を選ぶことがポイントです。

例えば、20代前半女性にターゲットを絞るのであれば、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに広告を出すよりも、SNSに広告を出した方が成果に繋がりやすくなります。

SNSの中でも、商材や目的に合わせてInstagramがいいのかTikTokがいいのかを選ぶとさらに良いでしょう。

オフライン施策

オフライン施策とは、文字通りインターネットを使わずに行う広告のことです。テレビCMや電車の吊り広告に、自社の商品やサービスを掲載することで集客に繋げます。

広告枠の利用以外では、展示会やセミナーなどの対面型もあります。メリットとしては、コンテンツマーケティングやWeb広告よりも幅広い層の人に宣伝できることです。

また、実際に顧客と対面できる場合に限りますが、営業トーク次第ではかなり大きな集客効果が得られる可能性もあります。

【オフライン施策の一例】

  • DM
  • 折り込みチラシ
  • ポスティング
  • 展示会
  • セミナー(ウェビナー)
  • 看板広告
  • 交通広告

オフライン施策でホームページ集客するときのコツ

コンテンツマーケティングやWeb広告のように細かいターゲティングが難しいオフライン施策では、キャッチーな言葉や魅力的なビジュアルで惹きつけることがポイントです。

地域や性別、年齢層までは絞れても、不特定多数に向けての広告となることが多いため、なるべく目に留まる広告を作る必要があります。

また、ポスティングやチラシに限りますが、クーポンをつけるなどして、すぐに捨てられないようにする対策を取ることもおすすめです。

ホームページ集客方法を選ぶコツ

集客方法の選び方

集客方法の選び方を間違えると、どれだけ良いホームページを作っても効果は出ません。

しかし、全ての企業に潤沢な予算があるわけではないため、まずは自社のリソース内で継続できる方法から始めることも大切です。

そのことを踏まえた上で、ホームページ集客方法の選び方を確認しましょう。

選び方①集客期間

集客をいつまでに、どれくらい継続して行いたいかで集客方法を選びます。

短期間で集客したい場合は、ターゲットが細かく絞れるWeb広告を利用すると良いでしょう。費用はかかりますが、短期間でも成果が出やすいという特徴があります。

長期的に継続して集客したい場合は、コンテンツマーケティングがおすすめです。成果が出るまでに時間はかかりますが、うまくいけば少ない費用で大きな利益を生むことができます。

選び方②ターゲット・商品・サービスとの相性

ターゲットと商材との相性を考えて集客方法を選びます。

例えば、企業向けのサービスを売りたい場合、SNSで広告を流すよりもコンテンツ記事を作成して訴求した方が集客に繋がります。その理由は、一般的にSNSの利用者層にはBtoB商材が刺さらないからです。

つまり、相性が良いと継続して大きな成果を出すことができますが、相性が悪いと費やした労力や費用が無駄になってしまう恐れがあるのです。

ただし、相性の良し悪しはすぐに分かるものではないため、一定期間の効果測定をしてみましょう。もし成果が出なければ他の方法に切り替えてみるのもひとつの手です。

ホームページでの集客を考えるならマーケティングユニットへ

Webマーケティングのサブスクリプション「マーケティングユニット」

私たちはWebマーケティングにおける課題解決をお手伝いするマーケティングユニットです。

こんな悩みはありませんか?

  • Webで集客したいが、方法がわからない
  • 顧客アプローチを自動化して効率を上げたい
  • 顧客の成約率を上げたい
  • リソースは不足しているが、社員を雇うほどではない
  • 伴走型で支援してほしい

マーケティングユニットは、様々なプロ人材が持つ個のスキルをユニットとして提供する事で、お客様のマーケティングを進化させ、あなたのビジネスを支援します。

【マーケティングユニットの特長】

  • 必要なスキルを必要なタイミングで提供
  • 様々なスキルを持ったプロ人材が課題を解決
  • MAツール「SATORI」公式パートナー No.1の実績

Webサイト分析と改善企画やマーケティングオートメーションの設定運用、Webサイト構築から写真撮影、ライティング、戦略顧問に至るまで、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

MAの導入支援サービスの資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

資料ダウンロード

最新事例やユニットの説明資料
MAの導入支援サービスの資料ダウンロード

お問い合わせ

サービスに対するご質問や
お見積もり依頼を随時受け付けています

オンライン商談

担当者がサービスの詳細を
オンラインでご説明いたします